国内学会・研究会発表リスト
2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003


2010年
原田真伍, 辛島彰洋, 大久保博文, 片山統裕, 中尾光之
脳幹の聴神経におけるペアパルス抑制の睡眠覚醒状態依存性
日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.171, July 2010.

深澤孝浩, 辛島彰洋, 大久保博文, 片山統裕, 中尾光之
聴性脳幹反応の睡眠-覚醒状態依存性におけるアセチルコリンの役割
日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.171, July 2010.

安井洋介, 辛島彰洋, 中谷浩人, 大久保博文, 渡邊和磨, 片山統裕, 中尾光之
ドライバーの眠気に伴う聴覚応答振幅の増大
日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.179, July 2010.

中尾光之, 辛島彰洋, 片山統裕
睡眠時の振動的神経活動とその機能
日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.91, July 2010.

辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
睡眠−覚醒制御機構の数理モデル
日本睡眠学会第35回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.98, July 2010.

A. Karashima, H. Inada, N.Katayama, M. Nakao
Effect of NREM and REM sleep on somatosensory evoked potentials in rat
J. Physiol. Sci., 60, Suppl. 1 pp.S181, May 2010.

2009年
中尾光之
生体を貫くリズムとそのモデル
第7回北海道大学 脳科学研究教育センター・シンポジウム, December 2009.

中尾光之
脳は眠りながら計算する
東京フォーラム2009, September 2009.

荒井香, 片山統裕, 白石泰士, 辛島彰洋, 中尾光之
マウス視床皮質スライスの多点電位記録によるシナプス応答の解析
信学技報(MBE), 109, pp.3-6, September 2009.

稲田浩之, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
ノンレム睡眠およびレム睡眠期の体性感覚応答
信学技報(MBE), 109, pp.7-12, September 2009.

幡谷速昭, 木村芳孝, 伊藤拓哉, 辛島彰洋, 片山統裕, 八重樫伸生, 中尾光之
1計測信号参照系独立成分分析法のシミュレーション研究
信学技報(MBE), 109, pp.37-40, September 2009.

Z. Zhang, N. Katayama, K. Watanabe, H. Nakatani, A. Karashima, M. Nakao
A Topographic Analysis of Human Scalp Alpha EEG by the Complex-valued ICA
信学技報(MBE), 109, pp.41-46, September 2009.

白石泰士, 片山統裕, 高橋哲也, 辛島彰洋, 中尾光之
複素独立成分分析を用いたニューロン活動電位のハードリアルタイム弁別システム
信学技報(NC), 109, pp.1-6, September 2009.

中尾光之, 辛島彰洋, 片山統裕
睡眠-覚醒の神経制御機構の縮約カルテットモデル
ASRS, JSSR, JSC, joint congress 2009, October 2009.

稲田浩之, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
体性感覚応答の睡眠−覚醒状態依存性
ASRS, JSSR, JSC, joint congress 2009, October 2009.

中尾光之
生体リズムとそのモデル化
教育講座「時間塾」第16回日本時間生物学会, October 2009.

中尾光之, 片山統裕, 辛島彰洋
モデルからみた生体リズムと睡眠
第14回睡眠科学研究講座, October 2009.

高所晃一, 片山統裕, 辛島彰洋, 中尾光之
急性海馬CA3スライス内神経回路の準安定なダイナミクス
第24回生体・生理工学シンポジウム, September 2009.

白石泰士, 片山統裕, 孫昊, 辛島彰洋, 中尾光之, 坂本一寛, 田中徹, 虫明元
自動制御マニピュレータを用いた細胞外電位の高空間分解能記録
第24回生体・生理工学シンポジウム, September 2009.

辛島彰洋, 大久保博文, 片山統裕, 中尾光之
聴性脳幹反応の潜時の徐波位相依存性
第24回生体・生理工学シンポジウム, September 2009.

N. Katayama, S. Yamada, A. Karashima, M. Nakao
Self-organization process of network structure in a STDP neural network model
Neurosci. Res., 62, Suppl. 1, pp.S235, September 2009.

A. Karashima, H. Okubo, N. Katayama, H. Nakatani, M. Nakao
Auditory brainstem response dependency on rapid eye movement sleep in rat
Neurosci. Res., 62, Suppl. 1, pp.S231, September 2009.

中尾光之
階層的生体システムのモデリング
第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム, June 2009.

中尾光之
階層的生体リズム機構のモデル化
ワークショップ「数学と脳科学」, May 2009.

片山統裕
中枢ニューロン樹状突起における酵素活性化ウェーブとその数理モデル
GCOE 東京大学セミナー, January 2009.

片山統裕
ニューロンの細胞内空間における酵素分子の時空間ダイナミクス
応用数学連携フォーラム, January 2009.

2008年
片山統裕
ニューロンにおける酵素トランスロケーションの時空間ダイナミクス
京都駅前セミナー〜非線形現象の数理を考える〜, December 2008.

久保貴嗣, 片山統裕, 辛島彰洋, 中尾光之
細胞外活動電位の多点記録に基づくニューロンの3次元位置推定法
信学技報(MBE), 108 (314), pp.21-24, November 2008.

片山統裕,斉藤尚亮,横山弘之,坪川宏
Calcium-dependent dynamics of the PKCγ in the cerebellar Purkinje cells
第23回生体・生理工学シンポジウム, September 2008.

A. Karashima, N. Iwasaki, N. Katayama, M. Nakao
Long-term sensory deprivation causes local change in slow wave activity during NREM sleep
Neurosci. Res., 61, Suppl. 1, pp.S112, July 2008.

T. Kubo, N. Katayama, M. Nakao
A three-dimensional neural tissue model of hippocampal CA3 field for simulation of multiunit recording with multi-site electrodes
Neurosci. Res., 61, Suppl. 1, pp.S252, July 2008.

N. Katayama, Y. Shiraishi, T. Takahashi, O. Kikuchi, T. Kubo, A. Karashima, M. Nakao
A real-time spike sorting system based on complex-valued ICA for multiunit recording
Neurosci. Res., 61, Suppl. 1, pp.S252, July 2008.

渡邊和麿, 中谷浩人, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
模擬運転中の覚醒・睡眠移行期における脳波の短時間スケール解析
日本睡眠学会第33回定期学術集会プログラム・抄録集 pp.110, June 2008.

辛島彰洋, 嶋崎統彦, 片山統裕, 中尾光之
スパイク相関解析法を用いた縫線核局所神経回路の研究
日本睡眠学会第33回定期学術集会プログラム・抄録集 pp.128, June 2008

大久保博文, 辛島彰洋, 片山統裕, 中谷浩人, 中尾光之
聴性脳幹反応を用いた睡眠−覚醒状態判定方法の提案
日本睡眠学会第33回定期学術集会プログラム・抄録集 pp., June 2008

N. Iwasaki, A. Karashima, N. Katayama, M. Nakao
Use-dependent and non-use-dependent regulations of sleep under alternation of sensory activations
日本睡眠学会第33回定期学術集会プログラム・抄録集 pp.132, June 2008

片山統裕,鮑傑,辛島彰洋,中尾光之,坪川宏
中枢ニューロン樹状突起におけるシグナル伝達系の時空間ダイナミクス
第47回日本生体医工学大会 pp.272, May 2008

久保貴嗣,片山統裕,辛島彰洋,中尾光之
多点電極記録によるニューロンの3次元位置推定と神経組織ひずみ特性の評価
第5回ブレインコミュニケーション研究会 pp.56-59, May 2008

根田林知之, 木村芳孝, 千田新一, 伊藤拓哉, 大和田一成, 辛島彰洋, 片山統裕, 岡村州博, 中尾光之
参照系ブラインド信号分離による胎児心電図抽出法に関する研究
第18回生体・生命工学研究会, March 2008.

片山統裕
小脳プルキンエ細胞樹状突起におけるPKC活性化ウェーブとそのモデル
非線形現象の数値シミュレーションと解析2008, March 2008.

H. Tsubokawa, N. Katayama, H. Yokoyama, N. Saito
Calcium-dependent mechanisms underlying propagation and redistribution of the PKC-gamma along the dendrites of cerebellar Purkinje cell
理化学研究所 和光セミナー, January 2008.

2007年
渡邊和磨, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
ドライバーの眠気発生前後における脳波の変化
第17回生体・生命工学研究会, December 2007.

根田林知之, 木村芳孝, 千田信一, 伊藤拓哉, 大和田一成, 辛島彰洋, 片山統裕, 岡村州博, 中尾光之
心電図の参照系信号分離における参照信号の最適化
信学技報(MBE), 107 (351), pp.1-4, November 2007.

Y. Cheng, A. Karashima, N. Katayama, M. Nakao
Coupling circadian rhythm and cell cycle
信学技報(MBE), 107 (351), pp.5-8, November 2007.

嶋崎統彦, 辛島彰洋, 久保貴嗣, 菊池修, 片山統裕, 中尾光之
睡眠制御機構の解明を目指した脳幹神経回路の多細胞同時計測
信学技報(MBE), 107 (351), pp.9-12, November 2007.

岡山大, 中尾光之, 徳丸信子, 本間さと, 本間研一
生体リズム機構の階層的モデル化
信学技報(MBE), 107 (351), pp.13-16, November 2007.

辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
睡眠と脳機能
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, pp.29-32, November 2007.

渡邊和麿, 中谷浩人, 辛島彰洋, 片山統裕,中尾光之
パフォーマンスの悪化に先行して一過性に出現するα波
日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会プログラム・抄録集, pp.153, November 2007.

大久保博文, 辛島彰洋, 片山統裕, 中谷浩人, 中尾光之
麻酔や睡眠による聴性脳幹反応の変化
日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会プログラム・抄録集, pp.153, November 2007.

中尾光之, 水野一枝, 水野泰, 辛島彰洋, 片山統裕, 山本光璋, 白川修一郎
アクチグラフデータのモデル論敵解析による活動リズムの特徴づけ
日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会プログラム・抄録集, pp.166, November 2007.

辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
レム睡眠期に海馬・扁桃体で観測されるθ波の同期現象
日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会プログラム・抄録集, pp.184, November 2007.

嶋崎統彦, 辛島彰洋, 菊池修, 片山統裕, 中尾光之
多重電極を用いた脳幹ニューロン活動の計測
日本睡眠学会第32回定期学術集会・第14回日本時間生物学会学術大会プログラム・抄録集, pp.185, November 2007.

N. Katayama, J. Bao, A. Karashima, M. Nakao, H. Tsubokawa
An attempt of modeling signal transduction system in neurons: Computer simulation of PKC translocation wave along dendrites of cerebellar Purkinje cells
Neurosci. Res., 58, Suppl. 1, pp.S28, September 2007.

A. Karashima, M. Hayashi, M. Shimazaki, N. Katayama, M. Nakao
Synchronization of theta activity in hippocampus and amygdala during REM sleep
Neurosci. Res., 58, Suppl. 1, pp.S33, September 2007.

O. Kikuchi, N. Katayama, A. Karashima, M. Nakao,
Activity-dependent organization of associative neuronal dynamics of the hippocampal CA3 network in vitro
Neurosci. Res., 58, Suppl. 1, pp.S58, September 2007.

T. Kubo, N. Katayama, H. Mushiake, O. Kikuchi, A. Karashima, M. Nakao
Modeling of extracellular multiple neuronal activities based on the multi-unit recording
Neurosci. Res., 58, Suppl. 1, pp.S161, September 2007.

片山統裕,高橋哲也,菊池修,久保貴嗣,辛島彰洋,中尾光之
多重電極で記録された活動電位のブラインドデコンボリューションによる弁別法
第46回日本生体医工学会プログラム・抄録集, pp.119, April 2007.

根田林知之, 木村芳孝, 伊藤拓哉, 大和田一成, 千坂泰, 岡村州博, 中尾光之
参照系独立成分分析法のロバストネスの検討
第46回日本生体医工学会プログラム・抄録集, pp.134, April 2007.

片山統裕,鮑傑,辛島彰洋,中尾光之
細胞内空間における酵素分布の時空間ダイナミクス
第46回日本生体医工学会プログラム・抄録集, pp.249, April 2007.

A. Karashima, M. Hayashi, N. Iwasaki, M. Shimazaki, N.Katayama, M. Nakao
Temporal relationship between phasic activity in the brainstem and theta rhythmic activity in the amygdala and hippocampus during REM sleep in rats
J. Physiol. Sci., 57, Suppl., pp.S137, March 2007.

久保貴嗣, 片山統裕, 菊地修, 辛島彰洋, 中尾光之
細胞外多細胞活動電位のゆらぎ解析に基づく3次元神経組織のモデル化
第16回生体・生命工学研究会, March 2007.

菊池修
海馬切片標本における連想記憶的神経活動の形成
東北大学21世紀COEプログラム(人文科学)研究成果報告会, pp.5, February 2007.

2006年
青木一史, 片山統裕, 中尾光之
視交叉上核の階層的モデル
Journal of Chronobiology, 12 (2), pp.69, December 2006.

岡山大, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
結合振動子モデルの再同調過程の解析
Journal of Chronobiology, 12 (2), pp.69, December 2006.

嶋崎統彦, 菊池修, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
θ波発生中の海馬神経活動
第15回生体・生命工学研究会, December 2006.

中尾光之, 山本啓介, 岡山大, 片山統裕
ヒトのサーカディアンリズムの振動子モデル
北海道大学COEシンポジウム「生命リズムと振動子ネットワーク」, Nobemver 2006.

片山統裕, 安部敬, 中尾光之
細胞形質膜への酵素集積現象のモデル化
第21回ゆらぎ現象研究会抄録集, pp.13, November 2006.

嶋崎統彦, 菊池修, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
海馬θ波に関連した海馬ニューロン活動の計測と解析
第21回ゆらぎ現象研究会抄録集, pp.11, November 2006.

中尾光之, 青木一史, 山本啓介, 片山統裕
縮約と遡行による階層的生体リズム機構のモデル化ってか
第21回生体・生理工学シンポジウム, pp.109-110, November 2006.

片山統裕, 安部敬, 中尾光之
PKCトランスロケーション現象のモデル化,
第21回生体・生理工学シンポジウム, pp.103-106, November 2006.

風間章寛, 辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
体節形成ダイナミクスのモデル化
信学技報(MBE), 106 (370), pp.69-72, November 2006.

高橋哲也, 片山統裕, 菊池修, 辛島彰洋, 中尾光之
多重電極で記録された活動電位波形のウェーヴレット変換に基づく弁別アルゴリズム
信学技報(MBE), 106 (370), pp.65-68, November 2006.

高橋哲也, 片山統裕, 菊池修, 辛島彰洋, 中尾光之
多点記録多ニューロン活動信号のウェーブレット変換に基づくスパイク弁別
平成18年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, pp.112, October 2006.

風間章寛,片山統裕,中尾光之
体節形成分子時計のモデル化
平成18年度電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, pp.278, October 2006.

O. Kikuchi, N. Katayama, A. Karashima, M. Nakao
Transient dynamics of in vitro hippocampal CA3 network in response to single- or multi-site stimulation
Neurosci. Res., 55, suppl. 1, pp.S164, July 2006.

A. Karashima, Y. Koyama, N. Iwasaki, O. Kikuchi, M. Shimazaki, N. Katayama, M. Nakao,
Brainstem control of the EEG during REM sleep
Neurosci. Res., 55, suppl. 1, pp.S43, July 2006.

中尾光之, 石浦大樹, 山本啓介, 片山統裕
睡眠覚醒リズムの統合化モデル
日本睡眠学会第31回定期学術集会プログラム・抄録集 pp., June 2006

辛島彰洋, 小山純正, 片山統裕, 中尾光之
睡眠-覚醒機構の数理モデル
日本睡眠学会第31回定期学術集会プログラム・抄録集 pp.163, June 2006

辛島彰洋,玉川雄一,小山純正,片山統裕,中尾光之
睡眠ー覚醒リズムを制御する神経機構の数理モデル
信学技報(NC), 106 (79), pp.19-24, May 2006.

片山統裕,菊池修,辛島彰洋,中尾光之
神経スパイクの相関解析に基づく機能的結合性の統計的検定に関する考察
信学技報(NC), 106 (79), pp.1-6, May 2006.

小林吏悟, 渡部泰一郎, 坂本一寛, 片山統裕, 本波啓太, 出口淳, 小宮謙, 福島誉史, 栗野浩之, 田中徹, 虫明元, 小柳光正
脳深部解析のためのSi 製測定探針の開発
応用物理学会 春季講演会(JSAP), March 2006.

辛島彰洋, 片山統裕, 中尾光之
レム睡眠時に観測される脳活動の発生機序とその機能
シンポジウム「生命の基本を司る本能的脳機構」, pp.31-32, January 2006.


2005年
石浦大樹,辛島彰洋,片山統裕,中尾光之
睡眠−覚醒リズムの統合化モデル
信学技報(MBE), 105 (402), pp.17-20, November 2005.

松山文昭, 木村芳孝, 千田新一, 伊藤拓哉, 辛島彰洋, 片山統裕, 岡村州博, 中尾光之
母体腹部誘導心電図からの胎児心電図の分離抽出
信学技報(MBE), 105 (402), pp.25-28, November 2005.

菊池修,片山統裕,辛島彰洋,中尾光之
多点同時刺激に伴う海馬神経細胞の機能的結合の変化
第14回海馬と高次脳機能学会予稿集, pp.14, October 2005.

伊藤健太,片山統裕,辛島彰洋,中尾光之
心臓血管制御系のモデル化
第39回日本生体医工学会東北支部大会講演論文集, pp.28, October 2005.

青木一史, 中尾光之, 片山統裕
縮約された細胞時計機構モデルを用いた視交叉上核ダイナミクスのモデル化
信学技報(MBE), 105 (335), pp.37-40, October 2005.

山田尚平, 片山統裕, 辛島彰洋, 中尾光之
STDP神経回路におけるネットワークの自己組織化過程
信学技報(MBE), 105 (335), pp.41-44, October 2005.

A. Karashima, Y. Koyama, N. Katayama, M. Nakao
Acceleration of theta rhythm associated with neuronal activity in the laterodorsal tegmental nucleus
Neurosci. Res., 52. Suppl. 1, pp.S157, July 2005.

N. Katayama, S. Sasaki, A. Karashima, N. Nakao
Contribution of network topology and synaptic delay for coherent gamma oscillation in the interneuron network model
Neurosci. Res., 52. Suppl. 1, pp.S157, July 2005.

M. Nakao, A. Karashima, N. Iwasaki, N. Katayama, M. Yamamoto
Fluctuations and synchronizations of neural activities during sleep --- Neural basis of possible sleep functions? ---
日本睡眠学会第30回定期学術集会・プログラム抄録集, pp.101, June 2005.

辛島彰洋,小山純正,片山統裕,中尾光之
背外側被蓋野神経活動前後に見られる海馬θ波の加速・増幅現象
日本睡眠学会第30回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.239, June 2005.

松山文昭, 木村芳孝, 佐藤道由, 伊藤拓哉, 千田新一, 妹尾匡人, 中尾光之
参照系信号を持つ独立成分分析法による胎児心電図の解析
第44回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集, April 2005.

中尾光之, 青木一史, 片山統裕
分子ネットワークのモデル化と縮約
第44回日本生体医工学会大会論文集, pp.240, April 2005.

片山統裕,佐々木信也,辛島彰洋,中尾光之
介在ニューロン回路網モデルにおいてγ振動が生じるためのトポロジカルな条件
信学技報(NC), 105 (82), pp.13-18, May 2005.

辛島彰洋, 中尾光之, 片山統裕, 小山純正
橋背外側被蓋野の神経活動と海馬θ波の時間関係
第82回日本生理学会大会, pp.105, May 2005.


2004年
菊池修,片山統裕,辛島彰洋,中尾光之
海馬スライスにおける多点局所刺激に伴う発火パターンの変化
第19回生体・生理工学シンポジウム論文集, pp.41-42, November 2004.

中尾光之
2プロセスモデルと位相振動子モデルの形式的類似性について
第11回時間生物学会抄録集, pp.59, November 2004.

青木一史, 中尾光之, 西村良周, 片山統裕
縮約された分子時計機構モデルを用いた視交叉上核ダイナミクスのシミュレーション
第11回時間生物学会抄録集, pp.62, November 2004.

片山統裕
海馬神経回路における刺激に依存した発火パターンの変化
東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究「人間機械実時間対話システムの実現に関する研究」(H15/A06), December 2004.

片山統裕
脳スライス標本内神経回路におけるニューロンの同期発火活動
文部科学省特定領域研究「先端脳」公開シンポジウム抄録集, pp.C10, December 2004.

片山統裕
脳スライス標本内リカレントネットワークにおける自己組織化現象
大阪大学 大学院生命機能研究科 生命機能セミナー, November 2004.

山田尚平,片山統裕,佐々木伸也,中尾光之
STDP神経回路モデルにおけるセル・アセンブリの自己組織化
東北大学電気通信研究所工学研究分科会第11回生体・生命工学研究会, November 2004.

佐藤道由,木村芳孝,中尾光之,片山統裕
ブラインド信号分離による胎児心電図の解析
信学技報(MBE), 104 (429), pp.45-48, November 2004.

玉川雄一,辛島彰洋,小山純正,片山統裕,中尾光之
睡眠ステージ移行期の脳波ダイナミクスと神経活動の関係
信学技報(MBE), 104 (429), pp.9-12, November 2004.

佐々木伸也,片山統裕,辛島彰洋,中尾光之
生体神経回路モデルのネットワーク構造とダイナミクスの関係
信学技報(MBE), 104 (429), pp.5-8, November 2004.

N. Iwasaki, A. Karashima, Y. Tamakawa, M. Nakao, N. Katayama, M. Yamamoto
Changes of sleep EEG dynamics in rat barrel cortex associated with long-term sensory deprivation
Neurosci. Res., 50, Suppl. 1, pp.S43, September 2004.

A. Karashima, M. Nakao, K. Honda, N. Katayama, M. Yamamoto
Instantaneous acceleration of hippocampal theta wave associated with pontine phasic activity during REM sleep in rats
Neurosci. Res., 50, Suppl. 1, pp.S190, September 2004.

O. Kikuchi, N. Katayama, M. Nakao, M. Yamamoto
Neuronal dynamics activated by local glutamate application in CA3 region of hippocampal slices
Neurosci. Res., 50, Suppl. 1, pp.S197, September 2004.

辛島彰洋, 中尾光之, 本多和樹, 片山統裕, 岩崎直穂子, 山本光璋
ラットPGO波に伴う海馬θ波の加速現象
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.246, July 2004.

岩崎直穂子, 辛島彰洋, 玉川雄一, 中尾光之, 片山統裕, 山本光璋
成熟ラットの感覚毛除去によるバレル野の睡眠時脳波ダイナミクスの変化
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.248, July 2004.

片山統裕, 百武大介, 中尾光之, 山本光璋
海馬切片においてカルバコール負荷により誘発されるθ波様脳波とニューロン活動
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.250, July 2004.

玉川雄一, 中尾光之, 辛島彰洋, 岩崎直穂子, 石浦大樹, 片山統裕
睡眠ー覚醒リズムにおけるステージ移行期の脳波解析
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.214, July 2004.

青木一史, 西村良周, 中尾光之, 片山統裕
縮約された分子時計モデルを用いた視交差上核ダイナミクスのシミュレーション
日本生物物理学会東北支部総会, pp.10, June 2004.

菊池修, 片山統裕, 中尾光之, 山本光璋
グルタミン酸局所投与により賦活される海馬神経回路ダイナミクス
東北大学電気通信研究所第10回生体・生命工学研究会, March 2004.

中尾光之
概日リズムの統合的モデリングに向けて
第81回日本生理学会大会, June 2004.


2003年
岩崎直穂子, 辛島彰洋, 玉川雄一, 中尾光之, 片山統裕, 山本光璋
ラットの感覚毛除去によるバレル野の睡眠時脳波ダイナミクスの変化
信学技報(MBE), 103 (470), pp.23-38, November 2003.

西村良周, 中尾光之, 片山統裕, 山本光璋
生体リズムの分子機構モデル
信学技報(MBE), 103 (470), pp.17-21, November 2003.

佐藤道由, 菊池修, 片山統裕, 中尾光之, 山本光璋
ブラインド信号分離を点時系列に使ってみる
第17 回日本エム・イー学会秋季大会, pp.71, October 2003.

辛島彰洋, 中尾光之, 本多和樹, 中村和浩, 片山統裕, 山本光璋
Temporal- relationship between hippocampal theta wave and spontaneous and elicited PGO-like wave during REM sleep in rats
Neurosci. Res., 46, Suppl. 1, pp.S107, July 2003.

岩崎直穂子, 辛島彰洋, 玉川雄一, 中尾光之, 片山統裕, 山本光璋
感覚遮断によるバレル野脳波の統計的性質の長期的変化
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.264, June 2003.

辛島彰洋, 中尾光之, 本多和樹, 中村和浩, 片山統裕, 山本光璋
逆説睡眠期に観測されるラットP波頻度と海馬θ波周波数との時間関係
日本睡眠学会第28回定期学術集会プログラム・抄録集, pp.136, June 2003.